フューチャー・プルとヘンリーこのサイトで見た格言の意味が最近解ってきたんです。

ssnafrica.org

愛息の死に臨んで〃大入ぶり〃を自ら示した森田先生森田先生が愛息、正一郎さんを亡くしたとき、手放しでオイオイと泣き、見舞いに駆けつけた高良武久先生の手をとって、「高良君、ボクは死にたいよ」ともだえ泣きしたという話を高良先生からお聞きしたことがある。高良先生の話では、ひとしきり泣いた森田先生は、すぐに机に向かって勉強を始めた。すると、また悲しみに耐えかねて泣き出し、かと思うと、すぐに泣くのをやめて机に向かっていたそうである。 202森田先生は嘆き悲しむだけでは状況から脱出できないことを知っていた。死ぬほど悲しくても、健康人らしく行動しよう、そうすることによって困難な状況を脱することができるという持論を身をもって示したのである。悲しいときばかりではない。嬉しくて浮き浮きした気分のときも、自分の気持ちを抑制することが困難な場合がある。

「自分のなかの〈場>」は,社会的な認知や評価と関わりなく,または一致しなくても自分自身にとって自分であることを確認することのできる場,また時には他者の介入を拒否する〈場>として考えられる。「他者からみたく場>」は,他者はその人にとって相応しい場とみなしているが,本人は自分であることを確認できずにズレを感じている場>である。そして他者との関わりをもちたいと思っても,他者との関わりがもてずにいる状態で,他者から認知されず,その人自身も自分を確認できないでいる状態が,孤立した状況である。これらに対して「社会に開かれたく場>」は,自分自身にとってだけではなく,職場や家庭などのような他者からみてもその認知や評価が一致している〈場>であり,ここに相互承認という関係を見出すことができる。

スペイン継承戦争の軍事支出を巨大な公債発行でまかなったイギリス政府は、利息の支払いだけで破産寸前であり、その対策として特権を持つ貿易会社を設立した。こうして南海会社が誕生したが、それはスペイン領中南米で奴隷の独占貿易を行い、巨利を獲得しようということで名目は漁業の振興だった。ユトレヒト条約でスペインの植民地の一部と奴隷貿易特権を得た英国は、それを南海会社の特許にして、ジョージ一世を総督に迎えると大規模な投資資本を集めた。株の人気は熱気の渦で沸き立ち、 第一部日本経済混迷の元凶は何か一○○ポンドの額面の株価は暴騰に暴騰を重ねて、一七一○年一月に一三○ポンドだった株価が、半年後には一○五○ポンドに達した。この成功につられて模倣する会社が次々に出現し、あっという間に二百社を越えた。

あなたの打ち掛け姿の美しかったこと、まだ険に焼きつけられています。花束贈呈のとぎ、あなたのお母さんは泣き出しましたね。それは喜びの涙であり、安心の涙であり、また娘を手離すことの寂しさの涙でもあったと思います。その様子を見て私も涙が流れました。前方におられる方々に気づかれまいとして、じっとがまんをしていることのつらさ、これも順番だからと思い直しました。新婚旅行から帰られてからしばらくして、両親と私と新居を訪れましたね、新しいアパートの木の香りのよさ、新品揃いの家具類などながめて、あなたたちの新婚生活に心から安心し末長く幸あれかしと心のなかで祈りました。 229第二部歳月のおしあと川越のご両親のもとへご挨拶に行くべきでしたが、曽孫ができたらお祝いに伺うことにしてひとまず帰熊しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ